Home
News
Vita
Konzerte
Repertoire
CDs
Presse
youtube
Fotos
Kontakt
Gästebuch
Links
Impressum

 

 

 

F.A.Z., 20.01.2015, Kultur (Rhein-Main-Zeitung), von Benedikt Stegemann

Entschuldigung, liebe Clara

Lotus String Quartet interpretiert Schumann

Clara Schumann hatte schon anlässlich eines ersten häuslichen Durchspielens ein auffallend detailliertes Urteil zu den drei Streichquartetten op. 41 (a-Moll, F-Dur, A-Dur) ihres Mannes Robert Schumann parat. Bei denen sei alles klar, fein durchgearbeitet und immer "quartettmäßig". Wie so oft kommt man weiter, wenn man die stets kalkulierte Aussage der Gattin stellenweise in ihr Gegenteil verkehrt. Bei seinem Konzert im Hessischen Staatsarchiv Darmstadt vermittelte das Lotus String Quartet hiervon einen mehr als überzeugenden Eindruck. Die rhythmisch verstärkte Unruhe der Nr. 1, verbunden mit der Tendenz zu harmonischer Entgrenzung anstelle dosierter thematischer Entwicklung, drängte zur Auflösung der basierenden Form. Immer wieder nutzte die Cellistin Chihiro Saito im weiteren Verlauf das vom Ensemble (mit Sachiko Kobayashi und Mathias Neundorf, Violine; Tomoko Yamasaki, Viola) vorbildlich eingehaltene Transparenzgebot, um machtvoll aus der Tiefe steigende Empfindung zu modellieren und in zart gewebte Kantilene zu transzendieren. Der als Zugabe bereitgehaltene langsame Satz aus Mozarts "Dissonanzen-Quartett" (C-Dur KV 465) ersetzte Schumanns durch monothematische Anwandlungen noch gesteigerte Expressivität durch tatsächlich quartettmäßiges, wunderschön ausgearbeitetes Filigran. Clara wird es hoffentlich nachsehen.

 ikt.

© Alle Rechte vorbehalten. Frankfurter Allgemeine Zeitung GmbH, Frankfurt. Zur Verfügung gestellt vom Frankfurter Allgemeine Archiv



Excuse Me, Dear Clara

The Lotus String Quartet interprets Schumann


Clara Schumann had a markedly detailed opinion of her husband Robert’s three String Quartets op. 41 (A minor, F major, A major) ready on the occasion of their first read-through at home. In them, everything is clear, finely worked through and always ‚quartettish’. As is often the case, one comes further by turning the spouse’s ever-calculated statement on its head at times. The Lotus String Quartet showed this more than convincingly in their concert at the Hessian State Archives in Darmstadt. The rhythmically-driven unrest of the first Quartet, combined with Schumann’s tendency to push at harmonic boundaries instead of developing themes in regulated doses urged towards a dissolution of basic form. Cellist Chihiro Saito repeatedly took advantage of the exemplary transparency offered by her colleagues (Sachiko Kobayashi and Mathias Neundorf, violins; Tomoko Yamasaki, viola) to form sentiments arising powerfully out of the depths and transcending into delicately woven cantilena. In the encore, the slow movement from Mozart’s Dissonance Quartet (C major, KV 465), Schumann’s heightened expressivity, achieved through monothematic but impulsive changes of mood, was replaced with actual quartettish, beautifully elaborated filigree. Hopefully Clara is feeling lenient.


FAZ (Rhein Main Zeitung), 20 January, 2015.






ロータスカルテット
2015年1月18日ヘッセン国立アーカイブ(ダルムシュタット)でのコンサート

2015年1月20日付 フランクフルター・アルゲマイネ紙評



<ロータスカルテットがシューマンを演奏>
親愛なるクララよ、失敬!

クララ・シューマンは、自邸で初めて夫の3つの弦楽四重奏曲作品41(イ短調、ヘ長調、イ長調)が演奏された際に、既にこの三曲について、実に詳細なコメント評価を下していた。これらの曲はわかりやすく、繊細によく作ってあり、どこをとっても“いかにも弦楽四重奏曲らしい“というものである。ただ、いつでも夫人クララによるよく計算されたコメントは、幾つかの点で全く逆に取っておく方が良かったりもする。ダルムシュタットのヘッセン国立アーカイブにおけるロータスのコンサートは、このことを十分納得させるもので、シューマン本来のスタイルに対して、確信以上の印象を与えてくれた。作品41の第1番においては、リズムで強調される内的不穏感を高めている。そこでは、お決まり通りに割り振られるテーマの展開の代わりに、ハーモニーが道から逸脱してずっと遠くまで踏み込んで行き、彼の採用した従来の形式に留まることのない地点にまで連れて行く。そして、続く曲の展開部分では、チェロの斎藤千尋が繰り返し何度も、このアンサンブル(ヴァイオリン:小林幸子、マティアス・ノインドルフ、ヴィオラ:山𥔎智子)が厳として守る、弦楽四重奏の模範ともいえる構成の透明度を存分に活かして、低音部から湧き上がる感受性に堂々と形を与え、柔らかく繊細に織りなすカンティレーネを構築している。単一主題の予想のつかないような、気まぐれな変化で豊かな表現力をみせたシューマンから一転し、アンコールのモーツァルト弦楽四重奏曲《不協和音》ハ長調KV465の緩徐楽章では、今度こそ本当にクララの意味したところの弦楽四重奏曲らしい、非常に美しく、精緻に編みこまれた金銀の透かし模様のごとき演奏へと変わった。できれば、この見事に組立てられた演奏を聴いてクララ自身にその見解を見直し改めてもらえたらと願う。



2015920日 リエンツィンゲンの〈ミュージカル・サマー〉コンサート

ミュールアッカー・タークブラット紙2015922日付抜粋

ハイドン《弦楽四重奏曲ト長調作品77》について

“ハイドンの弦楽四重奏曲が持つ洗練された上品さを愛情こめて聴かせることができるロータス、その朗々と豊かな響きに聴き入った”

“第1ヴァイオリンの小林幸子の完璧に澄んだイントネーションは快く、また4人の弦楽奏者が完全にひとつになっている様は驚嘆すべきである。それぞれ確固たる人格である4人が、各自本来の性質を混じり合わせてしまうことなく、ハーモニーの中で溶け合っていた”

“溌剌とした第3楽章、小林のヴァイオリンは羽のように軽やか、敏捷で生き生きとしており、一方で山碕智子のヴィオラは暖かい音でよく響き、アンサンブルに穏やかさを与えていた。第2ヴァイオリンのノインドルフは一見物静かだが、小林と共に完璧で実に冴えたデュオを聴かせた。チェロの齋藤はそのビロードのような音色で何度も見せ場を作っていた”

 

ベートーヴェン《弦楽四重奏曲第10番作品74変ホ長調》について

“演奏後の拍手がためらいがちに始まったのは、演奏がよくなかったからなどではなく、聴衆が音楽にすっかり浸りきっていたために、まずは現実に戻る必要があったからだ”

 

メンデルスゾーン《弦楽四重奏曲イ短調作品13》について

“ロータスはこの見事な作品に命を注ぎ込み、基本的に暖かな雰囲気を持つこの曲を最高に美しい色彩で包み込んだ。4人の奏者は、聴く者をすっかり音楽に引きこむ夢のような空間を作り上げた”